Tag Archive for "iPad" | Smotion

Skip to Content

Blog Archives

タブレットが拓く全く新しい広告メディアの可能性

エスモがテレビでも雑誌でもない『モーションマガジン』に注力するのはクリエイティブの探求はもちろんですが、今迄ののレベルを越えた全く新しい広告体験を届けていける可能性にも惹かれているからなんです。

ただ見ているだけのテレビCMや雑誌広告とは違い、インタラクティブで五感を刺激して、しかも接触時間と視点距離が近いためブランドの体験深度が深く、さらに閲覧分析やシェアも出来る。

こんな広告見たことない!といった広告の可能性がそこにはあって、そういうブランド体験をした人はもう旧来の広告には引かれないんじゃないでしょうか。

既に現代人は一日に3000以上の広告に晒されて暮らしているらしいので、この“手の中の広告”っていうのは凄いことだと思うんです。

米国では昨年タブレットからのコンバージョン率が31%という劇的な伸び率を示し、今年2013年内にはPCを越えると言われています。

タブレット向け検索広告のクリックスルー率(CTR)は、PC向け検索広告のCTRを37%上回り、2012年第4四半期にはタブレット向けの検索広告の支出が初めてスマートフォン向けの支出を超え、2012年全体でタブレット向けの支出が4.8%から10%へと増加したそうです。

参照元:CNET Japan

また、2011年時点でeコマースの中でiPadだけでPCのコンバージョン率の2倍というデータも出ています。

ネットへのアクセスやセッション時間もモバイルがPCを越えてしまっていますが、タブレットはスマホの約倍のセッション時間の長さがあります。

さらにモバイルユーザーがアプリに割く時間も既にウェブを閲覧する時間を越えているそうです。

つまりエスモでは、タブレットとアプリ内の動的で反応的、いわゆるリッチインタラクティブな広告がこれから伸びると信じています。

動画はもちろん3Dなど、クリックとスクロールだけでは表現出来なかった、タッチスクリーン上でのタップとスワイプを駆使した体感的広告メディアをクリエイティブしていけたらと思っています。

そんなタブレットが拓く全く新しい広告メディアの大きな可能性に一緒に掛けてみませんか!?

Takashi Tomita

0 0 Continue Reading →

アップル、いよいよ日本でiBooksストアで電子書籍販売開始!

新年あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします!!

さて、2010年はiPadが発売され、2011年はスマホがパソコンの出荷台数を越え、2012年はジョブスが亡くなったりFacebookが上場したりと変化は続きますが、今年はどんな年になるんでしょうか?

と思ったら元日から日経新聞トップ記事で飛び込んで来たのがAppleの日本での電子書籍販売開始です。昨秋のAmazonのKindleストア日本上陸に続き、万を期していよいよ巨大な日本市場もグローバルスタンダードが揃います。

そしてその記事がトップで思わず買ってしまった元日の日経新聞の一面にはアジアが世界の5割経済圏になるという特大記事が。
今年2013年アジアのGDPは世界の3割に達し、2050年にはさらにその8倍の世界経済の52%を占めるというものです。
また、印象的なのがその記事の中にイスラム圏の女性達がタブレットやスマホを持って楽しそうにしている写真です。世界は、アジアは、大きく変わっていくんでしょうね。

 

そして当然AppleもAmazonもそんなアジア市場に向けてこれから目の離せない展開を始めていくと思います。そして世界では2014年にスマホがケータイを、2015年にはタブレットがパソコンの出荷台数を越えると言われています。

変化はチャンス。メディアコンテンツに携わる僕らエスモにとってビックウェーブであるのはもちろん、Amazonに続きいよいよAppleの黒船も日本上陸という意味では日本の出版鎖国時代の終わりであり、新たな日本のデジタル出版の夜明けとも言えます。

新しく昇り始めた陽が日本にどんな夜明けをもたらすのか?
今年もワクワクの一年が始まります!

0 0 Continue Reading →

欧米で盛んなブランドマガジンアプリが日本でもブレークする!?

欧米ブランドには自社メディアとしてブランドマガジンというのが多くあったためか、iPadがリリースされてからもすぐにアプリ化されて豊富なブランドマガジンアプリが出揃っています。

ブランドマガジンなのでカタログでもなく雑誌でもないリッチコンテンツな印刷グラフィックスと、ムービー等のデジタルコンテンツがクロスした新しいメディアとしての進化を続けています。

僕たちエスモもそんなiPad上でのクロスメディアなブランドマガジンアプリの魅力に惹かれて起業し、そのクリエイティビティを日々探求していますが、そんな中でも最近のお気に入りのブランドマガジンアプリの一つがこのアディダスのアウトドアマガジンアプリです。

これも元は印刷メディアとしてのブランドマガジンが最初はPDFで電子化されただけの感じのものから、今ではかなりのハイレベルなインタラクティブマガジンとして進化を続けています。
もうこれは従来のマガジンやウェブサイトでもない新しい感覚なので上手く言葉では解説できないですが、もしiPadを持っていたらぜひダウンロードして触ってみてください。
デジタルマガジンとデジタルカタログの良さが旨くブレンドされているところも良いですし、動画の扱いが本当にカッコイイ。ウェブサイトへのとのリンクもデザイン面を含めうまく連携されていて、まさに印刷とウェブをクロスさせたクリエイティブのクオリティーに驚きます。

日本では元からマーケティングメディアとしてブランドマガジンというそのものが育ってこなかったため最近までほとんどこういったブランドマガジンアプリは作られて来ませんでしたが、これからのマーケティングではトリプルメディアの自社メディアとしてデジタルカタログという名のブランドマガジンがアプリとして日本でも伸びていくのではないでしょうか。

略して『ブランドアプリ』と読んでいるこの分野は、これからますますオモシロくなっていくでしょう。

今回紹介したアプリは下のAppStoreのリンクから詳細も見れますので、ぜひダウンロードしてみてください。

Takashi

0 0 Continue Reading →

iPad mini Smart Coverはちょーいい!そしてEasyPayもちょー便利!

アップルストアは今日も混雑

 

こんにちは。@KAZUGIMIです。

気持ちのよい秋晴れだった今日、ぶらりと渋谷アップルストアに行ったのですが、やはりiPadのラインナップが新しくなったことなど、話題もあったためかとても混雑した店内でした。
やはりタブレットは新しい製品が出るたびにじわじわと新しい層が手にとって触れているような印象があります。

さて、僕は今日何をしに来たかというと先日購入したiPad miniのスマートカバーをゲットするため。
前にビックカメラに行った時にはまだ在庫がなく、発売日に購入できなかったので二度目のチャレンジ。

実際お店にあったのはピンク、水色、赤の三種類のみ。
黒とグレイは在庫切れ。

自分は黒のiPad miniなので薄い色よりは濃い色のほうがいいかなぁと思ったので黒に後ろ髪をひかれつつも赤を購入。
これはたぶんAppleStore限定・・・じゃないかな?

それでは恒例の開封の儀!

 

写真-2012-11-04-14-22-55-300x225

 

パッケージがiPad miniよりデカイと誰かが言っていたような気がするけど。

smartcover-300x225

手にした感じは前よりもちょっとソフトになったかな?という印象でした。
なにより一番好印象だったのが磁石がついた部分。
以前のスマートカバーはここにアルミが使われていたせいで筐体との摩擦で傷がついたり、カバンにいれた他のガジェットに
傷がついたりとあまりいいものではありませんでした。

写真-2012-11-04-14-24-37-300x225

 

しかし今回のカバーは完全に柔らかいカバーで覆われておりカチャカチャと擦れるようなことはありません。

これはちょーいいです。

EasyPayもちょー便利

さて、今回アップルストアで買うときに前から試してみたかったEasyPayを使ってみました。
EasyPayというのはアップルストア内で小さめのアイテム、例えばカバーとかケーブルとかはiPhoneをセルフレジにして購入することができるというもの。

使い方は簡単。まずApp Storeから「Apple Store」というアプリをインストール。これはジーニアスバーの予約にも使えるものです。
そしてアプリを立ち上げるとEasyPayの選択肢が表示されます。

 

するとカメラが立ち上がり、バーコードリーダーとして使用できるようになります。

これでアイテムの右上にあるバーコードを読み込むと確認画面が表示されます。

あとは買うだけ。
しかも購入も新たにクレジットカード情報を入力したりせずに、いつものAppleID経由で支払いを完了することができます。

これはアツい。

ということで混雑した店内でサクッと購入することができます。

 

ップルストアで何か買うときはぜひ使いたい機能ですね!

0 0 Continue Reading →

モバイル&ソーシャルのクロスメディアで大成功

ブランドアプリはネットから空中戦だけなく店舗地上戦を合わせるとより効果的になるというクロスメディア事例です。

米国セフォラという化粧品販売店では長年リアルショップが中心したがデジタルマーケティグ全体見直しを図り、化粧品類診断検索をするウェブサイトへとリニューアルし、更にスマホに向けオシャレに最適化したところアクセスが大きく伸びたそうです。

中でもiPhoneからアクセスがAndroidよりも多い70%を超え、ハイセンス製品を好むAppleユーザーが同社ブランディングとマッチして理想的な顧客増に成功したそうです。

更にそのiPhone向けに商品ブランドアプリをリリースし、モバイルブランディングも好調、今ではリアル100店舗にてiPadをPOPサイネージように設置してコンシェルジュアプリリアル店舗内顧客満足と売上増にも成功しているそうです。

ビデオは英語ままですが操作画面と担当者満足感がよく分かります。

Facebookページは420万いいね!を超えてますし、全てブランドとプロダクトページにはPinterestボタンを付けたそう、まさに今時ソーシャルモバイルブランディング特性をフルに引き出していますね。

各コンタクトポイントとメディア特性を上手く組合せている素晴しいクロスメディアブランディング事例した。

エスモでも店頭POPサイネージiPadアプリとモバイルブランディングアプリとクロスメディア企画をご提案しているのでとても参考にと刺激になるホットな事例した!

Takashi@TMT69J

0 0 Continue Reading →

iPad miniのハンズオンビデオ

このTechcrunchiPad miniのハンズオンビデオは発表されてすぐの会場で撮ったものだと思うんですが、見てるだけで軽〜い軽快な感じがよく分かりますね。

両手で持つiPadと違って片手で持つiPad miniはやっぱりハンドリングが全然違う感じですね。もちろん明らかiPhoneとは違って間違いなく大画面のタブレットなんですが。

iPad2と同じ機能がこんなミニなボディ入っちゃってるなんて。。。

ライトでスリムで、なんか思考もスタイルもスマート成れそうな気がする。。。

そんなミニならって、とりあえず痩せよ。

Tqkashi@TMT69J

0 0 Continue Reading →

iPad miniとKindle Fireがやって来た!

iPad miniが今週火曜に発表され、その翌日ようやくKindleの日本での発売が発表されました。

黒船がいよいよの日本上陸を果たしたわけですが、日本の出版社への配慮からか、かなり静かなKindleショックが始まりました。

ハードウェア製品として先に出たGoogleのNexsus7などと比較記事が話題になってますが、要約するとiPad mini、Nexsus7、Kindleがちょうど松竹梅になっています。

ハードを安く、Amazonの書籍をバンバン買ってしまう人にはKindleが良いでしょうし、電子書籍以外のまさにiPadの携帯用として使うことが多いならiPad miniでしょう。現状のiPadが最も使われているのは家の中なので外へのモバイル端末としてはミニな方がオシャレですし、Appleはクラウド機能が優れているので便利でしょう。

エスモはデジタルマガジンのアプリを開発しているのでデジタルパブリッシング発展の意味でもKindle Fire HDに大いに注目しています。でも個人的にはやっぱりiPad miniがカワイイと思います。

もともと紙の雑誌をそのままB5サイズのiPadにディスプレイするだけでも縮小されて読み辛く‘オモシロくない’のに、更に7インチに表示するにはマガジンは向いてないと思うのですが、iPad miniは開発者にとってもありがたいことに従来のiPad向けに制作したコンテンツをほぼ遜色なく見せることができるのも魅力です。画面も他の7インチのものより7.9インチとかなり大きめで、とんでもなく軽くて薄いところもカワイイですよね。

 

そもそも紙をめくるように読むテキスト中心のペーパーバックが1ドルほどで買えることからKindleがアメリカで大ヒットしたのに対し、映画や雑誌やアプリがメインのコンテンツで普及したiPadは7インチ台に土俵が移ってもその特性はやはり異なっていて、ゆえに価格も2倍ほど違ってくるんだと思います。

iPad miniのCMを見れば分かるようにiPadにとって電子書籍はそのアプリの一つに過ぎず、もっとライフスタイルを変えてしまうようなiPodやiPhoneのiPadの一連の中のツールだと捉えた方がいいかもしれません。先述のように外出時のオシャレなモバイル端末です。

AmazonもApple競争するというより共存戦略を取っていて、iPadでKindleアプリを使えばKindleストアからKindleのようにスイスイと本を買って読んで管理していけます。この辺の快適なプラットフォームの機能性はやはり黒船級です。これに続くAppleのiBooksストアが日本でも始まれば更に市場は盛上がっていくでしょうね。国内Kindleのシェアが上がれば今は大人しい黒船Amazonもお得意の低価格戦略を発動するでしょうし。

アメリカでは既に成人の4人に1人がタブレットを持っていて、このクリスマスにまた激増すると言われています。iPadが出てたった3年程で市場はとてつもなく大きく成長を始めたのでどこかのメーカーや製品が独占するものでなく健全にシェアを競い合っていくことはユーザーメリットにもなるでしょう。

事実アメリカではタブレット市場を独占していたiPadに対し電子出版市場の急成長と共にKindleは全体の2割以上にシェアを拡大してきています。ただしネットへのアクセスは9割以上がiPadなのでKindleはオフラインの読書端末でiPadはブラウジングを含むネットとのオンライン端末という棲み分けも見て取れます。

この秋は小ちゃくミニな奴とファイヤーな熱い奴が日本でもタブレットブームの火付け役となってくれるのは間違いないでしょう。そうなればビジネスマンのオフィスシーンでもMicrosoftのSurfaceも名前の通り穏やかで居られません。
もう時代は戻らない。エスモも、止まらない。

たぶん次はビックでクールなのが話題になりそう。

Takashi

 

0 0 Continue Reading →

iPad miniはどう使う?

いよいよ明日がiPadミニが発表されるかも、しれません。
価格表まだリークしていて、ここまでバレバレだとワクワク感も薄れてしまいますが、何かサプライズは欲しいですね。
今さらだけどiPodビックだって言い張るとか。

iPadより小さいとビジネスとかでは使い難いので、個人が映像鑑賞に使うのに適したデバイスになるんでしょうか。
iPodやiPhoneだと映像を見るには小さすぎるので。

電子雑誌やアプリを見るにもちょっと小さ過ぎなとこもあるのでクリエイティブ側としてはどうインターフェースをデザインしていくかが問われるでしょう。

クリスマス商戦に向けて対AmazonのKindleを押さえる意味でもやっぱり映像コンテンツ鑑賞用のプレゼントとしての商品価値は高いのかもしれません。自分で買うにはちょっと高目です。

誰か、プレゼントして〜!

0 0 Continue Reading →

【iPad in Town】アパレルの売り場でのiPad活用事例

先日あるアパレルショップの前を通りかかったら等身大のミラー、ではなくディスプレイが。

その隣にiPadが置いてあって服を選ぶようになってます。

さっそくイジってみました。

種類や色を選ぶとたちまち画面上で身体に合わせてフィット!

結構激しく動いてもしっかり画像が連動してました。

写真だとベルトの位置が高過ぎますが最新のトレンドということで。。。

いちいち試着してみなくてもちょっと合わせて雰囲気をみたいだけ、っていうウィンドウショッピングの新しいスタイルになっていくかもしれないですね。

エスモでは自社メディアとしてこの秋に向けSmoマガジンなるものを企画制作中で、その中にiPad in Townというコーナーでこういう事例をどんどん紹介していこうと思います。

街で見掛けたiPadのオモシロ事例があったらぜひ教えてくださいねー!!

0 0 Continue Reading →

日本におけるマガジンオンデマンドの可能性

最近電車の中でスマートフォンやタブレットなど急増していますが、何を見ているか観察してみるとソーシャルネットだったりゲームだったり読書だったり多種多様です。

中でも映画やテレビを見てる人が増えてきているように見えます。

スマートデバイスを持っていればいつでもどこでも読書が出来るBook On Dmandが実現しますが、通勤時に映画やテレビを観るVideo On Demandが着実に日常に入り始めているようです。 

そんな中、先週ビックサイトで電子出版エキスポがありました。

前回こちらのウェブマガジンでも取り上げました楽天の電子書籍端末「Kobo」の発売がこの展示会の大きな話題となり、楽天ブースには多くの人で溢れ誰もがkoboを触っていました。

観ていると誰もがつまんだり突っついたりスマートフォンやタブレットでの指使いをしていて、マウスをクリックする習慣と同様にタッチパネル操作は一般的になってきていることを改めて面白く思いました。海外のスマフォ普及よりもガラケー日本は市場の成長が遅れていましたが、既に学生の90%はスマートフォンになったとも聞いてます。しばらくすれば若い世代の読書スタイルに電子書籍はごく当たり前になるどころか、海外よりも通勤時間の長い日本はこの分野が急成長するのではないでしょうか。

でもなぜ電子書籍元年と呼ばれてすでに3年も経った今更なのか?

一つはスマートフォンやタブレットの普及がアジアを含む海外に遅れていたことと、AmazonやAppleの国内市場への参入を既存の出版社や書店など既得権者が鎖国のごとく抵抗を続けてきたからという見方もあります。

しかしAmazonやAppleの電子書籍日本市場への年内参入はほぼ確実となる中、楽天はカナダのKoboを買収して迎え撃つわけです。皮肉なことに楽天自身が黒船よりも先に国内既存出版業界に脅威を与えることとなりました。

ただ、これは単に書籍が上着のポケットに入るくらい軽くて小さくて安い端末に何千冊ものデータをいつでもどこでも楽しめるBook On Demandが、あたかもウォークマンからiPodへ移り変わっていったような現象が音楽に続いて書籍の世界でも起きようとしている時代の趨勢に過ぎないのかもしれません。

更に、今日本で騒がれている電子出版の話題は文字中心の書籍で、雑誌はまだまだここでの議論の中核の外にあって本当のエンターテイメントな面白さはまだ語られてないと思ってます。

一方、冒頭に触れた映像の世界ではまず海外からHuluというテレビや映画が見放題のサービスが市場を覚醒化させ、これからDocomoやauも参入してVideo On Demandの覇権争いは多いに荒れそうです。そこではもはや既存の民放テレビ局は一つのチャネルに過ぎなくなっていくかもしれません。韓国製のインターネットテレビが世界で売れているようですが、そこでは既にリモコンでなくポインターで操作するようになっているようで、スマフォやタブレットを子機のようにしてタッチパネルで操作するのも当然のようになっていくのでしょうし、恐らくチャンネルはアプリのアイコンにようになっていくかもしれません。

さて、長々とスマートデバイスとBook On DemandやVideo On Demandの関係について語ってきましたが、僕たちエスモは改めてMagazine On Demandを目指していく気持ちを強めました。そして、それは既存にある雑誌をデジタルに置き換える技術や市場のことではなく、もっと新しいメディア創出や市場の可能性が広がっていると考えてます。

例えば雑誌と音楽の融合です。

まさにiPodの誕生で音楽が一曲ごとMusic On Demandになって新しいメディアと市場が拡がったように、僕らエスモはそんな新しいマガジンスタイルを創っていけたらと思います。

新しい技術と市場がやってきます。

既存の置き換えや、限られたパイの取り合いにエネルギーを消費することなく、新しいメディア創造に向かって挑戦していけるまたとないチャンスがやってきました!

0 0 Continue Reading →