Tag Archive for "Fast Movie" | Smotion

Skip to Content

Blog Archives

CREATIVE

《動画の制作クリエイティブ:WHAT?》

企業が活用するプロモーションビデオなどの動画は以下の四つに分類することができます。
抽象的か具体的か、左脳的なのか右脳的なのか。
すると以下のような4つのカテゴリーが見えてきます。

①プレゼン系

②アニメ系

③イメージ系

④ドラマ系

また、モバイル動画はスマホで見やすくサイズや長さをデザインすることも大事です。
私たちはこのようなモバイル動画を「ファストムービー」と呼び、ハイクオリティでロープライスな制作を目指しいてます。

スクリーンショット 2016-08-01 17.01.56

0 0 Continue Reading →

FAST MOVIE

FastMovie(ファストムービー)とは、スマホやSNSで見られやすい動画クリエイティブの制作スタイルです。

マルチに活用できる万能な動画というものはありません。

例えば、論理的な動画、情緒的な動画、長編、短編などその目的や用途によって制作する動画のスタイルを変えるべきです。

私達はFastMovieで従来にはない独自なアプローチで動画コンテンツ制作をサポートいたします。

スクリーンショット 2015-12-06 13.51.07

0 0 Continue Reading →

ノムコム 動画マガジン

野村不動産アーバンネット様が運営するネットでおうち探しのノムコムで始まった動画マガジンの『チャンネルノムコム』。

動画コンテンツの企画制作から、ウェブサイトやソーシャルメディアへの展開配信をサポートしています。

 

0 0 Continue Reading →

レガシィ カタログ動画

日本を代表する名車レガシィのニューモデルにおけるカタログ動画を短期間に計12本制作。

印刷されたカタログにも『スバプリ』というARカメラをかざして見ることが出来ます。

 

0 0 Continue Reading →

日経BP 取材記事動画

日経BP社のIT系ウェブマガジンITproアクティブでKDDIスポンサーの取材記事広告を動画でお伝えしています。
JAL、資生堂、ヤマダ電機、琉球銀行、JRなどauブランドのタブレットやスマホを導入している事例をスチールの取材と
併せてモーションでも撮影しながらデジタルパブリッシングにおけるリッチコンテンツ化を動画制作でサポートしています。

 

0 0 Continue Reading →

誰もがプロモーションビデオを活用する時代

スマホとタブレットの普及で動画コンテンツを見る時間が増えているようです。

米国ではモバイルでの動画視聴が急速な伸びで、オンライン動画はすでにテレビを越える勢いです。

YouTubeには各企業のブランドビデオという動画が急増して大きな市場に成長しています。

テレビCMとは別の新しい動画広告の世界が広がっているわけです。

 

 

そこではテレビと異なり小さな企業や個人でも低コストで動画広告を作って参加できるので、大きなチャンスが広がっていると言えます。

音楽ではアーティストの誰もがプロモーションビデオを作るように、小さなお店であれ個人であれ、これからは誰もが動画を活用していけるわけです。

今回紹介しているエスモのサンプル動画はあるシェフの食事会のイメージビデオですが、従来であれば写真と文章だけでブログに紹介していたようなものも、ご覧のように動画であればその雰囲気がもっとよく伝わります。

動画広告やプロモーションビデオなどブランドイメージを伝えるために動画をそろそろ活用してみませんか?

動画コンテンツ制作にご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください!⇒http://smotion.jp/contact

 

Takashi

1 0 Continue Reading →

スマホで変わる、動画が変わる!ファストムービーとは?

スマホの普及で、日本でもいよいよ次世代の動画マーケティングが始まったかのようです。

テレビの深夜放送でよくある通販のインフォマーシャルがが始まったのはアメリカでもまだ30年前だそうです。ダイレクトマーケティングで日本の何倍もの規模と歴史を持つアメリカですらそうなのですから、テレビ通販のインフォマーシャルは日本ではまだまだ最近のことと言えます。

しかし高齢化でシニアはテレビや新聞を見ますが、モバイルがメインのメディアの若者層には届きません。

そんなモバイルも日本でも既に5300万台が普及して、ほぼ2人に1人は持っているとこまで来て更に伸びているようです。そんなスマホの普及で、従来のガラケーとスマホとの大きな違いは“動画”と“アプリ”でしょう。

WiFiやLTEなど高速通信の普及で動画ストリーミングが見やすくなったことや、huluやテレビ局をはじめビデオオンデマンドなどアプリのサービスが増えてきたことも動画のあり方を変えてきています。

しかし、そこでのコンテンツは従来のテレビやビデオからの流れで平均でも数十分以上あるコンテンツが主流です。

これはスマホやタブレットで見るムービーに向いているとはいえません。

エスモではモバイル時代の主流になるであろう1〜3分の動画を“ファストムービー”と呼んでいますが、つまりファストフードやファストファッションのように、手軽で“ロープライス・ハイセンス”な動画がもっと広がると思います。

そしてこの“ファストムービー”の領域は日本ではまだまだ未開拓だと思います。

エスモではこの手軽で“ロープライス・ハイセンス”な“ファストムービー”の動画制作を積極的に提供していこうと思います。

また、スマホやタブレットの大きく綺麗なディスプレイの上で存在感を持つには、やはり“アプリ”になって選ばれる必要があります。基本はYouTubeやFacebookのソーシャルメディア系アプリですが、これからこの動画を見るアプリの分野もARを含め大きく進化していくと思います。

次世代がテレビや新聞離れをしてスマホやタブレットをメインに使っていく時代には、やはり“動画”と“アプリ”が欠かせなくなっていきますが、中でも、動画コンテンツはスマホやタブレットに向いた“ファストムービー”が伸びていくと思います。

そして、テレビの深夜放送のインフォマーシャルとは違う次世代の動画のスタイルをどんどんつくり出していくチャンスの時代が来たのだと思います。

 

“ファストムービー”の制作などにご興味のある方はこちらまで⇒http://smotion.jp/contact

 

Takashi Tomita

 

0 0 Continue Reading →

なぜ今プロダクト×動画プロモーションが超絶おすすめなのか

皆様、ご無沙汰しております。佐々木和宏です。

最近Smotionとしてもかなり力をいれている動画制作&プロモーションですが、うれしいことに引き合いをかなり多く頂いております。

私たちがここで言っている「動画プロモーション」というのはいわゆるテレビCMとは毛色の異なるものになります。

あらかじめ放送されるルートが見えているものではなく、人づてに紹介されたり、拡散されたり、参照されたりすることを目的として作る動画のことです。

無論、最終的なゴールは各々設定し、顧客認知であったり、販売促進であったり、さまざまあるのですが、ここではわかりやすく先のように定義したいと思います。

そんな動画プロモーションですが、最近見つけた僕がかっこいい!と思ったものをご紹介します。

WOWのアプリプロモーションです。

この動画の魅力について少し説明したいと思います。

利用シーンが明確

一番最初に核心ですが、この動画で伝えようとしているアプリケーションの魅力はその機能や美しさだけではありません。

「どんな人が、どこで、誰と、どうやって使うのか」ということをストレートに見る人に表現しています。

すると視聴者は、このアプリは自分の身の回りで考えればこうやって落とし込むことができるな、と考えを巡らせることができます。ここが重要です。

今までのように、このアイテムはこのシーンで使うのが当たり前だ、といった「お約束」が成立しづらいのがアプリやウェブサービスなどバーチャルなもの。可能性が無限大に広がる反面、それを利用者の手元に落とし込むことはなかなか容易ではありません。

映像化するということは、ある種のペルソナの見える化が行われていることになり、「刺さる人には刺さる」コンテンツに進化させることができ、それは広告然とした広告以上にその商品やサービスの魅力を伝えるものになります。

ソーシャルメディア等での拡散を前提としているため、「できるだけ広く but 浅く」というルートを考えなくていいことが原因にあります。

端的でわかりやすい

これも非常に明確な部分です。

この動画は1分ちょっとです。ほとんど1分。

ん、これはなにかな?と目に留まったときにギリギリ我慢してもらえる長さです。

今や動画コンテンツを見る場所はリビングでも映画館でもなく、手のひらの中です。

視聴者の周りはめまぐるしく移り変わる外の世界であることがほとんどです。そんな状況でも消費しうるコンテンツというのがとても大事になってきます。

さらに大切なのは「読ませない」ということです。

日本人はどうしても読ませたがります。

取り扱い上の注意、注釈、機能の名称、台詞・・・・

この動画にはそのうちどれがあるでしょうか?

目的を明確にすれば、情報の取捨選択が可能となり、より密度の高い動画を制作することができます。

かっこいい、かわいい、印象に残る

最後にそれかよ、と突っ込まれてしまうかもしれませんが、これが一番重要です。

理屈を超えた感性に訴えかけることができるのが、音楽を伴った映像です。

ここで見る人を共鳴させることができなければ目的達成は困難です。

たった1分間の中に、どんなストーリーをちりばめていくか。

その構成がとても大切になってきます。

しかし、ここで出てきたストーリー、という言葉。

これは近年のマーケティング・プロモーション領域においては最重要キーワードになってきています。

一方通行のトップダウン型のプロモーションはもう時代遅れです。

人々が反応するのはまぎれもなく、その商品・サービスから生まれる「ストーリー」です。

それをわかりやすく、ストレートに伝えることができるものが、動画プロモーション、というわけです。

いかがでしょうか?

みなさんのご意見もぜひお聞かせください。

0 0 Continue Reading →