Tag Archive for "DigitalMagazine" | Smotion

Skip to Content

Blog Archives

iPad miniとKindle Fireがやって来た!

iPad miniが今週火曜に発表され、その翌日ようやくKindleの日本での発売が発表されました。

黒船がいよいよの日本上陸を果たしたわけですが、日本の出版社への配慮からか、かなり静かなKindleショックが始まりました。

ハードウェア製品として先に出たGoogleのNexsus7などと比較記事が話題になってますが、要約するとiPad mini、Nexsus7、Kindleがちょうど松竹梅になっています。

ハードを安く、Amazonの書籍をバンバン買ってしまう人にはKindleが良いでしょうし、電子書籍以外のまさにiPadの携帯用として使うことが多いならiPad miniでしょう。現状のiPadが最も使われているのは家の中なので外へのモバイル端末としてはミニな方がオシャレですし、Appleはクラウド機能が優れているので便利でしょう。

エスモはデジタルマガジンのアプリを開発しているのでデジタルパブリッシング発展の意味でもKindle Fire HDに大いに注目しています。でも個人的にはやっぱりiPad miniがカワイイと思います。

もともと紙の雑誌をそのままB5サイズのiPadにディスプレイするだけでも縮小されて読み辛く‘オモシロくない’のに、更に7インチに表示するにはマガジンは向いてないと思うのですが、iPad miniは開発者にとってもありがたいことに従来のiPad向けに制作したコンテンツをほぼ遜色なく見せることができるのも魅力です。画面も他の7インチのものより7.9インチとかなり大きめで、とんでもなく軽くて薄いところもカワイイですよね。

 

そもそも紙をめくるように読むテキスト中心のペーパーバックが1ドルほどで買えることからKindleがアメリカで大ヒットしたのに対し、映画や雑誌やアプリがメインのコンテンツで普及したiPadは7インチ台に土俵が移ってもその特性はやはり異なっていて、ゆえに価格も2倍ほど違ってくるんだと思います。

iPad miniのCMを見れば分かるようにiPadにとって電子書籍はそのアプリの一つに過ぎず、もっとライフスタイルを変えてしまうようなiPodやiPhoneのiPadの一連の中のツールだと捉えた方がいいかもしれません。先述のように外出時のオシャレなモバイル端末です。

AmazonもApple競争するというより共存戦略を取っていて、iPadでKindleアプリを使えばKindleストアからKindleのようにスイスイと本を買って読んで管理していけます。この辺の快適なプラットフォームの機能性はやはり黒船級です。これに続くAppleのiBooksストアが日本でも始まれば更に市場は盛上がっていくでしょうね。国内Kindleのシェアが上がれば今は大人しい黒船Amazonもお得意の低価格戦略を発動するでしょうし。

アメリカでは既に成人の4人に1人がタブレットを持っていて、このクリスマスにまた激増すると言われています。iPadが出てたった3年程で市場はとてつもなく大きく成長を始めたのでどこかのメーカーや製品が独占するものでなく健全にシェアを競い合っていくことはユーザーメリットにもなるでしょう。

事実アメリカではタブレット市場を独占していたiPadに対し電子出版市場の急成長と共にKindleは全体の2割以上にシェアを拡大してきています。ただしネットへのアクセスは9割以上がiPadなのでKindleはオフラインの読書端末でiPadはブラウジングを含むネットとのオンライン端末という棲み分けも見て取れます。

この秋は小ちゃくミニな奴とファイヤーな熱い奴が日本でもタブレットブームの火付け役となってくれるのは間違いないでしょう。そうなればビジネスマンのオフィスシーンでもMicrosoftのSurfaceも名前の通り穏やかで居られません。
もう時代は戻らない。エスモも、止まらない。

たぶん次はビックでクールなのが話題になりそう。

Takashi

 

0 0 Continue Reading →

日本におけるマガジンオンデマンドの可能性

最近電車の中でスマートフォンやタブレットなど急増していますが、何を見ているか観察してみるとソーシャルネットだったりゲームだったり読書だったり多種多様です。

中でも映画やテレビを見てる人が増えてきているように見えます。

スマートデバイスを持っていればいつでもどこでも読書が出来るBook On Dmandが実現しますが、通勤時に映画やテレビを観るVideo On Demandが着実に日常に入り始めているようです。 

そんな中、先週ビックサイトで電子出版エキスポがありました。

前回こちらのウェブマガジンでも取り上げました楽天の電子書籍端末「Kobo」の発売がこの展示会の大きな話題となり、楽天ブースには多くの人で溢れ誰もがkoboを触っていました。

観ていると誰もがつまんだり突っついたりスマートフォンやタブレットでの指使いをしていて、マウスをクリックする習慣と同様にタッチパネル操作は一般的になってきていることを改めて面白く思いました。海外のスマフォ普及よりもガラケー日本は市場の成長が遅れていましたが、既に学生の90%はスマートフォンになったとも聞いてます。しばらくすれば若い世代の読書スタイルに電子書籍はごく当たり前になるどころか、海外よりも通勤時間の長い日本はこの分野が急成長するのではないでしょうか。

でもなぜ電子書籍元年と呼ばれてすでに3年も経った今更なのか?

一つはスマートフォンやタブレットの普及がアジアを含む海外に遅れていたことと、AmazonやAppleの国内市場への参入を既存の出版社や書店など既得権者が鎖国のごとく抵抗を続けてきたからという見方もあります。

しかしAmazonやAppleの電子書籍日本市場への年内参入はほぼ確実となる中、楽天はカナダのKoboを買収して迎え撃つわけです。皮肉なことに楽天自身が黒船よりも先に国内既存出版業界に脅威を与えることとなりました。

ただ、これは単に書籍が上着のポケットに入るくらい軽くて小さくて安い端末に何千冊ものデータをいつでもどこでも楽しめるBook On Demandが、あたかもウォークマンからiPodへ移り変わっていったような現象が音楽に続いて書籍の世界でも起きようとしている時代の趨勢に過ぎないのかもしれません。

更に、今日本で騒がれている電子出版の話題は文字中心の書籍で、雑誌はまだまだここでの議論の中核の外にあって本当のエンターテイメントな面白さはまだ語られてないと思ってます。

一方、冒頭に触れた映像の世界ではまず海外からHuluというテレビや映画が見放題のサービスが市場を覚醒化させ、これからDocomoやauも参入してVideo On Demandの覇権争いは多いに荒れそうです。そこではもはや既存の民放テレビ局は一つのチャネルに過ぎなくなっていくかもしれません。韓国製のインターネットテレビが世界で売れているようですが、そこでは既にリモコンでなくポインターで操作するようになっているようで、スマフォやタブレットを子機のようにしてタッチパネルで操作するのも当然のようになっていくのでしょうし、恐らくチャンネルはアプリのアイコンにようになっていくかもしれません。

さて、長々とスマートデバイスとBook On DemandやVideo On Demandの関係について語ってきましたが、僕たちエスモは改めてMagazine On Demandを目指していく気持ちを強めました。そして、それは既存にある雑誌をデジタルに置き換える技術や市場のことではなく、もっと新しいメディア創出や市場の可能性が広がっていると考えてます。

例えば雑誌と音楽の融合です。

まさにiPodの誕生で音楽が一曲ごとMusic On Demandになって新しいメディアと市場が拡がったように、僕らエスモはそんな新しいマガジンスタイルを創っていけたらと思います。

新しい技術と市場がやってきます。

既存の置き換えや、限られたパイの取り合いにエネルギーを消費することなく、新しいメディア創造に向かって挑戦していけるまたとないチャンスがやってきました!

0 0 Continue Reading →