Tag Archive for "クロスメディア" | Smotion

Skip to Content

Blog Archives

MOTION MAGAZINE

MotionMagazine(モーションマガジン)とは、動画マーケティングの展開モデルです。

動画は作っただけでは見られません。

動画をVlogなどネットで展開していくコンテンツマーケティングが重要です。

私達はMotionMagazineで検索や拡散、ストックやフローへの対策など、動画の展開をサポートいたします。

スクリーンショット 2015-11-15 10.17.07

0 0 Continue Reading →

音楽業界もARアプリでクロスメディアプロモーション

今CDやレコードが売れてるみたいですね。

音楽がダウンロード出来るようになってからソフト面はますます進化している一方で、ハードのプロダクトそのものであるCDやレコードが若者の間で売れているらしいです。

音楽という一つのコンテンツをクロスメディアで楽しめる多様化が進化して広まっているわけです。

オールドとニューメディアのクロスの好例としては他にもアメリカで新聞がデジタル版とのバンドルで10年ぶりに収益アップに転換したというニュースが出ていましたが、アナログな新聞だけでは変わらず減収が続きながらもデジタルとセットにすることで新たな価値に進化する形はこれから他にもいろいろ生まれてくるのでしょう。

ところで新聞にしても音楽にしても、カバーデザインというものがあります。

これはダウンロードであれ基本的にはコンテンツの顔でもあるパッケージの役を担っています。

音楽であればジャケットデザインです。

それは曲を知らなくても聴いてみたくさせたり、曲をビジュアル的にイメージさせてくれたりします。

そのCDジャケットをAR(拡張現実)でプロモーションする事例がユニバーサルレコードの『uView』です。

まずはスマホやタブレットで『uView』アプリを検索するか、以下のリンクからアプリをインストールしてください。

iPhone方はこちら⇒http://bit.ly/SRnq9y

iPadの方はこちら⇒http://bit.ly/SRnq9y

Androidの方はこちら⇒http://bit.ly/OTNpdx

そして以下のCDジャケットにuViewを立上げてかざしてみてください。

どうでしょうか?さすがローリングストーンズって感じのサプライズですね。

音楽のプロモーションはポスターなど印刷だけでなくウェブサイトやソーシャルメディアでも展開されます。

そこでのグラフィックデザインは動きもせず音も発しないのですが、ARカメラをかざすとそこから拡張現実された何かが現れます。ローリングストーンズといえばこちらのロゴですが、ロゴならいろいろなところにプリントされているのでそれらがARのマーカーとなります。

ローリングストーンズを聴いたことがない人でもこのマークは見たことありますよね?これもuViewでかざすと人に見せたくなるくらい驚かせてくれ、実際僕はこうしてブログで皆さんにバズしています。

次は前回も紹介したキッスの20年ぶりのニューアルバムです。

Facebookに流れてきたそのジャケットをARアプリが視聴のトリガーになって、そのギミックがまたオモシロかったこともあり実際に買ってしまいました。

まさにオールドとニュー、そしてオフラインとオンラインのクロスメディアです。

同じくオールドロックからノーダウトです。ジャケットそのものがそのまますぐ歌い出してくれるのですが、若いモバイルユーザーにオールドロックをプロモーションするにはARは向いているのかもしれません。

そしてボンジョビ。こちらもニューアルバムのプロモーションでuViewが使われたのですが、その目的は‘ボンジョビオリジナルアプリ’のインストールと言えます。

このアプリはボンジョビのことが全て分かるポータルアプリになっていて、ライブチケットはもちろんですが、今日Ustreamの始まるといったTwitterのようなメッセージまで届けてくれます。

Facebookページのファンよりもより強いエンゲージメントでつながれるアプリになっています。

このように、CDジャケットごとにかざして見るまで何が出るかわからないワクワクの後にアーティストのスペシャルサイトやキャンペーンサイトに飛んだり、そこからまたアーティストオリジナルのアプリダウンロードなど色々な導線へとつながります。

これは大事なことですが、このuViewはユニバーサルレコードのオリジナルアプリだということです。

そして各アーティストもオリジナルアプリを持っているということです。

ARプロモーションでウェブページにランディングしてもらった場合、ビジター数は通常よりもモバイルユーザーを取込めるので大きく伸ばせると思うのですが、ウェブの場合は一般的に平均PVが2ページ前後で滞在時間も2分前後です。直帰率も60%以上でしょうから、ちょっと見て戻って来ない人が大半となります。運良くブックマークしてもらってもらったりFacebookページやTwitterでフォローしてもらえてもその伝えたい情報量は一気に希薄になります。

そこで、アプリが活きて来ます。

アプリならランディングページに来て興味があるけど後からゆっくり見たい時にだいたいソーシャルメディアのボタン類の並びにあるアプリのボタン一つでダウンロードしておいて後からいつでも何度でも見れるのです。

いつも手にしているスマホやタブレットのホーム画面上にアイコンとしてあるのでブックマークなんかより遥かにリマインダーになってくれます。

しかもメッセージをプッシュで送ることもできるのでメルマガより簡単で効果のあるメッセンジャー役も担います。

特に今回紹介している音楽アーティスはプロモーションビデオがキラーコンテンツでもあるわけですが、YouTubeでは途方もない数と果てしない連鎖でよほどのファンかヒマでないとそれらを見ては回らないですが、アプリならコンテンツ全体が整理されていて、文脈(コンテキスト)をもって見れるので、いつどこから見ても迷子になることもありません。

つまり、ARはトリガーあって、グラフィックデザインを動かすギミック惹き付けておいてそこから何かアクションへ導く企画とアプリへのその後のつながりが大事ということですね。

画にすると以下のようになります。

エスモではマーケティグのAIDMAを「AIDEA」という独自のセオリーで捉えて企画を組み立てます。

なぜARのギミックを使うのか? それはアプリをインストールしてもらうためです。

なぜアプリなのか? それはこれからのモバイル時代ではアプリでなければ選んでもらえなくなっていくからです。

日本でもモバイルユーザーの67%がモノの購入プロセスでスマホやタブレットを検索等に使っているとGoogleのレポートにありますが、更に33%がサイトよりアプリが良いと答えています。

もはや多くのプロモーションにおいてモバイルとアプリを活用しないことは大きな商機を失うことになり得ます。

モバイルからのアクション、そしてアプリからのアクションが増え続けるなか、皆さんも新しいアクションを始めてみませんか?

印刷を動かすStill to MotionのSmotionがARプロモーションをパワーサポートします!

Takashi Tomita/Crossmedia Expert

Smotion Co.

0 0 Continue Reading →

ARはアプリインストールのトリガー!?

前回も紹介したグローバルネット通販のNET-A-PORTERですが、AR(拡張現実)を使ったARショーウィンドウのイベントで盛上げているそのエキサイティングさがすごく大事だってことを伝えたかったのですが、実はこの一連の企画の本質はそのイベントの刹那的なエキサイティングではなく、その先なんです。

NET-A-PORTERは日本からもネット通販なので購入できるのですが、このストアをご存知でしたか?

ファッション好きの一部の人には知られていても、そのサイトの会員にまでなるのは人に勧められたりよほど欲しいものがそこにしかないとか便利でないとなかなか買わないですよね。

買うものが決まっていればググったりAmazonで探した方が早くて安いですし。

オンラインにせよオフラインにせよ、同社のサービスを使いたくなる何かスペシャルなものがなければ買わないとすれば、この企画のスペシャルはなんなのでしょうか?

このイベントに集まっている人達はみなスマホやタブレットをもって覗き込んでいます。それはただカメラをかざしているのではなく、デバイスの中にある“アプリ”を立上げて見ているんです。

オフラインのリアルストアではPOPやチラシ、オンラインのバーチャルストアではバナー広告やメルマガという従来の印刷やウェブだけでは届いていかないモバイルの時代、この“アプリ”をインストールしてもらうことが重要なカギとなってきます。

星の数ほどあるウェブサイトの中からブックマークを付けてもらうのは書店の中で本を見つけてもらうくらい冒険的なことです。仮にブックマークしてもらってもお蔵入りも少なくありません。

方や誰もが持ち始めたスマホやタブレットですが、平均インストールアプリ数は40〜60個と言われています。星の数ほどあるウェブサイトから抜け出し選ばれる為のビジネスの椅子穫りゲームです。

ブックマーク以上にユーザーの‘手の中’ですぐ指先でタップしてもらえるそのポジションをどうすれば獲得できるのか?

ブックマークされ、あわよくばホーム画面やメルマガ登録してくれることを祈りながら待つのか、それともアプリを作ってそのポジションを穫りにいくのか、ストアやメーカーなどブランドは今そのメディア戦略の岐路にあります。

もはや「続きはウェブで」から、「続きはアプリで」へ、と時代はシフトし始めています。

つまり、アプリで“スペシャル”をオファーすることが、この事例の企画から学べる本質だと思います。

ARで見せる拡張現実のギミックもスペシャルではあれそれはイントロであり、本当のスペシャルはそのアプリをインストールした先にある、ということなんです。

最後にこのNET-A-PORTERがアプリを使ったデジタルマーケティング戦略で最も優れていると思うのは、カタログアプリと並行してブランドマガジンアプリも出していることです。

このブランドマガジンのアプリは動画も入っていて雑誌のように楽しめて、僕のように最初から買うのが目的でないユーザーもオンラインコンテンツと連動しているところを見たいためにそこで会員登録を何気なくさせてしまいます。

やはりショッピングとは、見て触ることを楽しんでから、買いたい時に買うというユーザーのExperienceやEnjoyが先にあってこそExcitingもあると思うので、この手法そのものにエキサイティングしてしまいます。

 

プロモーション企画の『AIDEA』のEを最大化するのがエスモが提供する『モーションマガジン』のアプリです。この事例に出て来たようなARアプリとカタログアプリとマガジンアプリを一つにクロスさせる、そんな新しいアプリとプロモーション戦略でこの椅子取りゲームを勝ち上がりませんか?

アプリをインストール促進のAR(拡張現実)施策はコチラ→http://smotion.jp/solutions/ar

0 0 Continue Reading →

ARはプロモーションのキッカケにすぎない!?

こんにちは、Takashiです。

最近Still to MotionのSmotionでは印刷を動かすAR(拡張現実)アプリの制作の話しが増えているのですが、デモやムービーをお見せするとまるで
マジックのように喜んでいただき、しばしのエキサイティングの後にだいたい次に「So what?(だから何?)」となります。

 

そうですね、エンターテイメントなら見えていないものが見えるのは3D映画が流行ったようにそれはそれでオモシロいと思いますが、ビジネス現場では「So what?」が大事です。

 

僕たちエスモーションはクロスメディアの企画制作会社なので3D映画で言えば映像コンテンツを作っている側であり、同様にARカメラではなくARを使った企画コンテンツとそのアプリを作るのが仕事です。
でもそのARのコンテンツの「So what?」をクライアントビジネス成果として出すことが求められます。
いわゆるトラフィックとかコンバージョンといったアクションつなぐ必要があるわけです。

 

 

 

メディア戦略上でアクションへ導くには入口のアテンション、インタレスティング、デザイアー、メモリーと続くAIDMAが基本ですが、エスモではMemoryのMを
E変えた“AIDEA”という企画法を提唱しています。
EExperienceやEnjoyなど意味を含むのですが、中でもExcitingが欠かせないと思っています。

 

 

以前もブログでマンハッタンのブティックでARバーゲンセールがエキサイティングした事例を紹介しましたが、今回もそのNet-A-Porterの企画イベントの様子をYouTubeから紹介します。
詳細は次回以降でまたお伝えしようと思いますが、見ていただきたいのはスマホやタブレットを手に集まったたくさんの人達がARを使って最高エキサイティングしているところです。
これぞARを使った企画って感じで見てるだけで楽しくなっちゃいます。
ARの映像が全然出てこないので分からないかもしれませんが、ARはプロモーションの入口のツールなのでそこはイントロであってほんとに注目すべきはプロモーション企画のオモシロさが一番大事だって思うんです。

 

ファッションの世界にテクノロジーをクロスさせアパレル販売サイトとして成功しているNet-A-Porterですが、企画もロジカルとエモーショナルをうまくクロスさせたARイベントで最高にエキサイティングですね!

次回はこの企画の本質である“目的”について、つまりARの企画は‘ブランドアプリをインストールして使ってもらうこと’について触れたいと思います。

0 0 Continue Reading →

タブレットが拓く全く新しい広告メディアの可能性

エスモがテレビでも雑誌でもない『モーションマガジン』に注力するのはクリエイティブの探求はもちろんですが、今迄ののレベルを越えた全く新しい広告体験を届けていける可能性にも惹かれているからなんです。

ただ見ているだけのテレビCMや雑誌広告とは違い、インタラクティブで五感を刺激して、しかも接触時間と視点距離が近いためブランドの体験深度が深く、さらに閲覧分析やシェアも出来る。

こんな広告見たことない!といった広告の可能性がそこにはあって、そういうブランド体験をした人はもう旧来の広告には引かれないんじゃないでしょうか。

既に現代人は一日に3000以上の広告に晒されて暮らしているらしいので、この“手の中の広告”っていうのは凄いことだと思うんです。

米国では昨年タブレットからのコンバージョン率が31%という劇的な伸び率を示し、今年2013年内にはPCを越えると言われています。

タブレット向け検索広告のクリックスルー率(CTR)は、PC向け検索広告のCTRを37%上回り、2012年第4四半期にはタブレット向けの検索広告の支出が初めてスマートフォン向けの支出を超え、2012年全体でタブレット向けの支出が4.8%から10%へと増加したそうです。

参照元:CNET Japan

また、2011年時点でeコマースの中でiPadだけでPCのコンバージョン率の2倍というデータも出ています。

ネットへのアクセスやセッション時間もモバイルがPCを越えてしまっていますが、タブレットはスマホの約倍のセッション時間の長さがあります。

さらにモバイルユーザーがアプリに割く時間も既にウェブを閲覧する時間を越えているそうです。

つまりエスモでは、タブレットとアプリ内の動的で反応的、いわゆるリッチインタラクティブな広告がこれから伸びると信じています。

動画はもちろん3Dなど、クリックとスクロールだけでは表現出来なかった、タッチスクリーン上でのタップとスワイプを駆使した体感的広告メディアをクリエイティブしていけたらと思っています。

そんなタブレットが拓く全く新しい広告メディアの大きな可能性に一緒に掛けてみませんか!?

Takashi Tomita

0 0 Continue Reading →

テレビでも雑誌でもない、『モーション・マガジン』

どうも、Takashiです。
みなさん「モーションマガジン」って聞かれたことありますか?
ネットで検索してもほとんど出てこない、というか日本語で検索するとうちのカズくんが3年前に書いたブログがトップに出て来ちゃいますw

2010年にiPadが出た時にいろいろなアプリがその中で楽しめて、それはどれも全く新しい体験と驚きの連続だったんですが、中でも特にトイストーリーの絵本が動いたり話したり塗り絵が出来たりするアプリは新鮮な驚きでした。
もしそれがもっと映画のように大人も堪能できるアプリになったなら?
テレビも雑誌もクロスした新しいメディアの世界が拓けるのでは?

絵本が動き出して映画が生まれたように、今またまったく新しいメディアが生まれようとしています。それが「モーションマガジン」です。
テレビでも雑誌でもないモーションマガジンは映像や音やテキストなどグラフィックデザインが融合したマルチメディアですが、DVDと違ってタブレットやスマホの中に入れていつでもどこでも見れます。見るというより触ったり動かすという感じでしょうか。

僕たちエスモーションの社名はStill to Motionという止まっているものを動かすという意味を込めた造語でSmotionと名付けました。

それはまさに、このモーションマガジンを創っていくためです。

テレビでも雑誌でもないこのモーションマガジンが次世代のパブリッシングモデルにイノベーションを起こすと信じて更なるクリエイティブを続けていきます!

 

 

0 0 Continue Reading →

展示会やショールームを変えるAR

最近は3Dプリンターによる製品のダミー製作サービスが伸びているそうで、製造革命などと言われているようですね。

従来は試作品ですら高額な金型を作ってからでないとダミーも作れなかったのが、今ではデジタルデータがあればその場で実物に近いモデルが出来てしまいます。
印刷業界でもデジタル印刷機を使ってカンプや校正を兼ねたプロトタイプ印刷の活用が伸びていますが、これらは商品の多様化やライフサイクルが短くなる市場トレンドが背景なのでしょう。
実際の商品も受注生産にするなどメーカーは出来るだけ在庫を持たないスリムな経営が求められていますが、例えば展示会等でも実物を持ち込まなかったり、ショールームにも実製品を展示できていないケースが増えています。

そこで注目されているのがAR(拡張現実)技術です。
スマホやタブレットをかざすとそこに実製品が無くても見えてしまうわけです。
下で紹介しているのはフォルクスワーゲンのショールームですが、実車すらないのに色やパーツまで指先一つでインタラクティブにシュミレーション出来てしまっています。
これは製造コストや搬送や在庫コストの高い高額商品になるほど有効な手段だと思います。
しかも3Dプリンターは実物に近い現物を作りますが、ARではアプリにすることでスマホやタブレットがあればいつでもどこでも何度でも数に限りなく再現が可能です。

3Dプリンターのニーズが伸びているように、ARアプリを使ったバーチャルイベントやバーチャルショールームのニーズが伸びるでしょう。僕らエスモのクリエイティブもクオリティーを上げていきたいと思います。

それにしても、車を買う時は実際に試乗してからにしたいですねw

 

Takshi

0 0 Continue Reading →

ショッピングの売場を変えるスマホとARレシピ

最近ショッピングの場でスマホを持ってる人が増えましたね。
家電製品ともなると店内ではばかることなく価格比較サイトを見たり、おもむろに商品のバーコードをアプリで撮っている人も見掛けます。
韓国では駅の壁などに貼られた商品写真をスマホで撮ってその場で買えてしまうバーチャルストアというシステムが世界的にも話題ですね。
従来のバーコードやQRコードというのは製造者側の情報が書かれていて消費者には関係のないものが多かったのですが、販促の世界でQRコードも
かなり使われるようになってクーポンなどを目的にケータイで撮影する行為もかなり普通になってきてました。

ではこれからスマホがケータイに代わって普及が進むとショッピングの場はどう変わっていくのでしょうか?

今回紹介するビデオはケチャップのハインツのARの事例です。
売場でケチャップにARアプリをかざすとラベルが拡張現実でペラペラとレシピ本になってめくれます。
ケチャップそのものにハインツお奨めのレシピ本が付いてるわけですが、それが紙じゃなくてARレシピなんです。
しかもページをめくれ、サイトに飛んでコンテンツを見ることもできれば、その場でクッキングムービーを見ることも出来ます。
もうハインツ買ってラザニアを作るしかない、って気持ちに高めてくれます。

こんな面白いショッピング体験が日本でも楽しめるよう、僕らエスモはアイデアとクリエイティブで開拓していきますよ!

Takashi

0 0 Continue Reading →

iPadとARで魅せるバーチャルリアリティーなイベントやショールームでお客様に新体験を!

今日はエスモでも力を入れているAR(拡張現実)の事例を紹介します。

iPadの登場によって出来るようになったことは沢山ありますが、あの大きな画面と手軽さとカメラ搭載という特性にAR技術とクリエイティブを加えると今迄になかったオモシロイことが出来るようになります。

例えばこの事例ではモーターショーで実際には置かれていない車が何も無いスペースにiPadをかざすことで見えてしまうんです。
車が無いのに見える、まさにバーチャルリアリティーですね。

ARのオモシロさはそれを見た人達がマジックでも見たように驚いたり嬉しそうにしてくれるとこだと思います。

見えてないものが見えるからそれだけでもオモシロイとは思うんですが、やっぱり仮想空間に現れるコンテンツやクリエイティブでそのオモシロさが決まります。

マジシャンが技術はもちろんイリュージョンのエンターテイナーであるように、ARのコンテンツを作る僕らプロダクションとしては技術だけでなくどう魅せるかの企画デザインが一番大事だと思っています。

プロダクトブランディングにおいてこういうARブランドアプリは今後日本でも成長すると思います。

ARを使ったバーチャル展示会やバーチャルショールームに興味があればぜひ一緒に‘オモシロイ’ことを考えましょう!

0 0 Continue Reading →

スマホとタブレットで変わるモバイルマーケティング

久しぶりに大前研一さんのセミナーを聴いたのですが、かつて大前さんが「ドットコム革命」を提唱して、ネット上に存在しない企業は世の中に存在しないのと同じだということを説かれていた昔と同じように、今はスマホやタブレットの中で「アイコンになってなければ意味がない」と示唆されていました。

「スマート革命」とでも言うべきこのライフスタイルの変化は、カメラや音楽プレーヤーなどハードを持ち歩かなくてもスマホやタブレットの中のアプリとしてあればユーザーはいつでも便利にそれを使えるため従来のビジネスモデルまでも大きく変えようとしています。

今では大前さんの予測通りどの企業もウェブサイトを持っていますが、これからはビジネスのプラットフォームにアイコン(=アプリ)として存在していなければ、つまり‘存在しない=使われない’時代になるのかもしれません。

よく「ウェブサイトでいい」とか「PDFで充分」と言うメディア担当者も居ますが、ユーザーから見るとそれはただの「手抜き」でしかなく‘使われない、選ばれない’だけでなく、‘削除されたり、嫌われたり’する確率すら高まるのではないでしょうか。

しかし、印刷やウェブサイトを制作するのも当時はとてつもなく複雑な手間やコストを必要としたにも関わらず、長年掛けて効率を高めた構造の’業界’ではアプリような新しい異質なものは余り注力されクリエイティブされていないようです。

例えば印刷業界の方が作るアプリはPDFベースのパラパラ系が多く、ウェブ業界の方が作るアプリはウェブサイト依存のビューワー系が多く見られます。また、アプリと言えばゲームだと思う人も居ますし、ケータイから来たモバイル業界の方は全てオンラインで操作させる発想ゆえにオフラインでの使用を想定外にされたアプリを作る傾向にあるようです。実際タブレットなどはオフラインでの使用頻度の方が高いにも関わらずです。

これからはユーザーの手の中にあるアイコン=アプリとして機能的にもデザイン的にも‘いいね!’と思われるものを提供していくことがより必要になっていくと感じています。

そこでのアプリは印刷やウェブやケータイの其々の良さと特性をクロスさせ用途に応じてバランスのいい機能性とデザイン性を持たせるのが理想だと思います。

クラシックでも、ジャズでも、ロックでもなく。落語でも、漫才でも、コントでもない笑いのツボとでもいうか。

クリエイティブに正解などないのですが、そんなツボをついたアプリを創り続けていけたらと思います。

Takashi

0 0 Continue Reading →